3/26更新 【揮毫(きごう)イベント】活動報告

活動

【3.11東日本大震災復興支援寄付プロジェクト:活動報告】
皆さん、先日は「揮毫イベント」のご視聴ありがとうございました。
早速ですが、実施内容をご報告いたします。

3.11東日本大震災復興支援寄付プロジェクト / 揮毫イベント
書をNEMブロックチェーンに永遠に記録、保存、証明。世界中の誰もがいつでもすぐに見ることができ、いつまでも広く力強く伝えていくことができます。想いは繋がり、広がっていく。

イベント内容

開催日時

■2021.03.27㈰ 15:00~16:00

開催地(YouTubeLive)

■リアルイベントは、福島県、宮城県、岩手県で実施し、その様子をYouTubeLiveにて配信いたしました。下記リンク先より、アーカイブ放送を是非ご覧ください。

【揮毫イベント】3.11 東日本大震災 復興支援寄付プロジェクト【#311NEMdonation】

イベント概要

福島県、宮城県、岩手県の3県にて、各県にゆかりのある書家の先生方をお招きし、復興の想いを込めた「揮毫」を実施していただきました。詳細は下記リンク先より、ご覧ください。

3/16更新 「揮毫(きごう)」イベントに関するお知らせ
【 揮毫(きごう)イベントに関するお知らせ 】 皆さん「3.11 東日本大震災復興支援寄付プロジェクト」へのご協力本当にありがとうございます。既に特設サイトにて発表済みですが、改めて「揮毫(きごう)」イベントに関する詳細をお伝えいたします...

メディア情報

本イベントを、「福島民報」様の、朝刊紙、Webにてご紹介いただきました!!是非、下記リンク先より、ご覧ください。福島民報様、ありがとうございました!!

復興への歩み揮毫 震災被災3県で書道家6人
 NPO法人NEM技術普及推進会NEMTUSは二十一日、東日本大震災復興支援事業として、福島、宮城、岩手三県の会場をオンラインでつなぎ、書道家六人による揮毫(きごう)イベントを開催した。 …

揮毫作品紹介

NEM+揮毫

先生方に揮毫していただいた作品は、すべてNEMのアポスティーユ(公証)機能を使用し、ブロックチェーン上に記録して公証いたしました。また、オープンアポスティーユに登録することで、ブロックチェーンに刻まれた作品を「見える化」し、世界中どこからでも気軽に確認することが可能となっております。

脇田龍峯(わきた りゅうほう) 先生

ガレキの中から立ち上がる ガレキの中 ガレキを持って
立ち上がる 僕らはそこから立ち上がり 歩き始める
一歩一歩 また一歩 大地が明るく拓けるその日まで
Rising up in the rubble. 
In the rubble, holding the rubble and struggle.
Step by step from there, one step ahead.
Until the day, the earth brightened and widespread.
OpenApostille

髙山 華流(たかやま かりゅう) 先生

光もとめて
full of light
OpenApostille

佐々木 栄鐘(ささき えいしょう) 先生、佐々木 鈴優(ささき りんゆう)先生

希望
できることは沢山ある
今の自分ができることを
淡々と行動していこう
一つ一つの積み重ねが
未来へ繋がっていく
Hope

There is so much good that we can do.
Right now, just do the best what we can do.
Straightforward, bring forward.
Leading to the future is, what you make, every step that you take.
OpenApostille

赤石 日櫻(あかいし にちおう) 先生

和衷 

(心の底から力を合わせる)
Harmonize

  (One heart, one mind. Act as one, from the bottom of our hearts.)
OpenApostille

田村 雪峰(たむら せっぽう) 先生

超絶未来
Forever a bright future, a stunning future forever.
Make it shine, obtain.
OpenApostille

NEMTUSより

今回のイベントはNEMTUSとしては初の、勉強会とは異なる趣旨のイベントとなりましたが、いかがでしたでしょうか?普段なかなか見ることのできない、書家の先生方の揮毫を通したエネルギーと想い。そして緊張感が伝われば良いなと思います。実際にNEMTUSメンバーは、中継配信という試み自体にも緊張しておりましたが、先生方の揮毫している姿を眼前にしますと、その緊張感をも忘れるような「純粋で静かな熱量」を感じることが出来ました。イベント実施の前日3/20㈯にも、震度5クラスの地震が発生し、継続した支援の必要性を大きく感じました。この先も是非、継続したご寄付をいただけますと幸いです。

タイトルとURLをコピーしました